学校の定期試験のための勉強。検定試験のための勉強。
勉強とは本来一つのものであるはずなのに、対症療法的なそればかりがはびこり、子どもたちは忙しく立ち振る舞わされるものの、その努力に見合う実力をつけられないままです。
多種多様な「テスト」を導入することは、羅針盤を複数個持とうとすることであり、結局は混乱しか招きません。そしてその犠牲になるのは無益なやり方に努力を強いられる子どもたちになってしまいます。
嚮心塾では、受験勉強において発揮できる力をつけていくためにはどうすべきか、というただ一つの観点において塾生を指導します。
勉強の仕方については教える側の個人的な成功体験に基づくだけの方法で教えられ続けているのが残念ながら今の教育の現状です。
生徒一人一人の思い込みを剥がし、局所最適化した小さな「成功」と引き換えに受験の場では通用しない学力にとどまらないためにも、教える側は自らの学習者としてのはもちろん、教育者としての成功体験にも安住することなく、「教える」という行為の難しさを直視し、目の前の個に対して今何が必要かを絶えず考え抜いていかねばなりません。そのための教育の場としての嚮心塾に興味を持っていただけると、とても嬉しいです。